二の腕を細くする方法

女性は誰しも常に美しくありたいもの。お腹周りや太ももは全身のシルエットを作るため、いつもダイエットで痩せたい部位、細くしたい部位ランキング上位です。
この二つは当たり前として、女性にとって気になる場所がもう一つあります!

それは、『二の腕』!

ノースリーブを着たり、水着を着た時に腕を出しますが、たるんでいたり太かったりしたら恥ずかしいですね。
今回は『二の腕』のダイエット方法を御紹介致します。

目次

1.二の腕が痩せない原因

1-1.むくみ
1-2.脂肪
1-3.たるみ

2.二の腕を細くする方法

2-1.マッサージ
2-2.ストレッチをする
2-3.肩甲骨をストレッチ
2-4.腕をねじる
2-5.刀を振る

3.刀を振ってダイエット 効果的部位

3-1.腕
3-2.肩甲骨
3-3.体幹 胴回り
3-4.デコルテ
3-5.バストアップ

1.二の腕が痩せない原因

まずは、原因を探るところから始めましょう。
原因が知らないということは、敵を知らないで戦うようなもの。
自分がどうして痩せないのかを知り、ピンポイントで狙い撃ちしていきましょう。

1-1.むくみ

まず一つ目の原因は『むくみ』。
むくんで太い人は、血流が悪く、新陳代謝が悪くなっている証拠。
老廃物が溜まっている場合はそれを流してしまわないと流れが悪いままです。

イメージとしては排水口にものが詰まって流れが悪くなっている状態です。
ものが詰まっていれば、水の流れは当然悪くなり中々流れません。
なので、その詰まりの原因を取りましょう。
そういった人はマッサージやストレッチをして血流をよくすることで老廃物を流してあげましょ

1-2.脂肪

二つ目の原因は『脂肪』
脂肪が原因で太くなっている人はまず、身体全体の脂肪を落とすことが大事です。
太っていて、腕だけの脂肪を落とすというのは難しいため、まず全体の身体の脂肪を落とします。

まずは全体的なダイエットから始めましょう。

1-3.たるみ

三つ目の原因は『たるみ』
脂肪がなくても、このたるみが原因で太く見える人もいます。

たるみを解消するには筋肉をつけること。
筋肉をつけることで腕を引き締めましょう。

二の腕は『上腕三頭筋』を鍛えることで解消します。
上腕三頭筋は肘を伸ばすときに使う筋肉で、日常では中々使いません。
それ専用の筋トレまたはエクササイズを行いましょう。

2.二の腕を細くする方法

さて、原因がわかったところで次はその方法を御紹介します。
原因によって行うものが違いますので、自分でどれを行うのが最適か考えましょう。
全て行うと効果も倍増するので全てやっても良いでしょう。

2-1.マッサージ

先程のむくみの原因の方にオススメ。
マッサージすることで血管やリンパ管に詰まった老廃物を流すことができます。
手を使って腕を揉んであげたり、さすってあげて下さい。

また老廃物は汗や尿によってカラダから出るのでマッサージ前後に水分をとることが大事です。
水分をとるといってもジュースではなく、綺麗なミネラル水にしましょう。

血流が良くなった状態で行った方が効果的なので、カラダが温まった状態で行うことをオススメします。
お風呂上がりなどに行うのが効果的です。

2-2.ストレッチをする

ストレッチをすると筋肉が付いたり、血流が良くなります。
なので、ストレッチは全ての原因に効くと言えましょう。

ストレッチは良く、カラダが柔らかくなるだけのイメージが強いですが、それだけではありません。
カラダが固くなっている原因は、筋肉がないからということもあるのです。
ストレッチで筋肉を刺激してあげることで、筋肉が付くようになります。
そうすると新陳代謝も上がり痩せやすい体へと変化していきます。

また血流が良くなり老廃物が貯まりにくいカラダにもなります。
ストレッチは良いことだらけですので、出来るだけするよう心がけましょう。

2-3.肩甲骨をストレッチ

二の腕が原因なので、肩甲骨は関係ないと思われがちですが、肩甲骨から腕が生えてます。
また肩甲骨が柔らかくなるとリンパの流れも良くなり、老廃物が流れやすいカラダへと変化します。
腕が細い人は肩甲骨が柔らかく、綺麗な人が多いのはそのためでしょう。

腕ばかりを意識するのではなく、肩甲骨を意識しましょう。

2-4.腕をねじる

腕をねじる運動は、二の腕の筋肉である上腕三頭筋を刺激します。
二の腕を細くしたい人の代表的なエクササイズですね。

肘を伸ばしたまま、腕をねじるだけ。
これを繰り返すだけで上腕三頭筋が使われるんです。
この時意識して欲しいのは腕を回す意識ではなく、肩甲骨から回すようなイメージで回しましょう。

2-5.刀を振る

上腕三頭筋を鍛える筋トレに刀を振る動きが最適なんです。
筋トレ方法で、両手の平を合わせバンザイをして伸び、そこから腕を後ろ曲げるように倒す運動があります。
まさに刀を振る動きなんです。

刀を振ることは二の腕を鍛えられるだけでなく、他にもたくさんの部位のダイエットに効果的だと注目され始めてるんです。
次の項目では刀を振った時の効果を見ていきましょう。

3.刀を振ってダイエット 効果的部位

前章で刀を振ることが非常にダイエットに良いと触れました。
ダンベルを上げ下げする動作は辛いだけで面白くない。
「刀を振る動作なら楽しいし、ストレス解消になるから良い。」と言って、刀を振るダイエットが流行ってきているんです。
またダンベルほど重くなく、丁度いい重さなのも魅力の一つでしょう。

さて、その刀を振るエクササイズの効果を見ていきましょう。

3-1.腕

刀を振る動きは、腕の上下運動によるものなので腕に効果的なのは一目瞭然でしょう。
しかも腕と言っても、女性の気になる二の腕の部分「上腕三頭筋」にとても効果的なのです。

刀をあげることで、上腕三頭筋が伸び刺激され、振った時に腕が伸びるため、また上腕三頭筋が刺激されるんです。

ヨガではストレッチすることがあってもこうした「動き」がないため、筋肉を付けるためには刀を振る動きは非常に効果的でしょう。

3-2.肩甲骨

腕は肩甲骨から生えてます。
なので、刀を振る際には肩甲骨から振るように意識します。

そうすることで肩甲骨が動き、肩甲骨周りの筋肉が刺激されます。
私生活では中々肩甲骨を動かすことがないため、基本的には肩甲骨は固まりやすくなります。
そのため肩甲骨を意識した運動を意図的にしなくてはなりません。

刀を振る動きで肩甲骨周りを動かし、刺激しましょう。

3-3.体幹 胴回り

刀は腕だけで振るのではなく、体全体で振ります。
あれだけ重い刀を腕だけで振るのは不可能です。
なので、刀を振る動きを行っていると自然と体全体を使うようになってきます。

カラダ全体とはまさに体幹であり、胴回りです。
袈裟や胴斬りではウエストを捻る運動を行います。
カラダの軸を意識して刀を振ることで、また捻る運動をすることで胴回りが痩せるだけでなく、体幹が鍛えられます。

刀の斬り方で横の動きを加え、体幹を鍛え、ウエスト周りを細くしましょう。

3-4.デコルテ

肩周りを動かすことにより、老廃物の代謝を促します。
そうすることで、首筋から鎖骨にかけての「デコルテライン」がとても綺麗になることでしょう。

デコルテは老廃物が排出される部分であり、綺麗な人は健康的である印象を相手に与えます。
美しいデコルテは洗練された大人の女性を感じさせ、色気を感じます。

刀を振ることで老廃物を出し、綺麗なデコルテラインを手に入れましょう。

3-5.バストアップ

老廃物の代謝を促すことで、リンパや血流の流れを良くして、バストへの栄養がいきやすくします。

肩甲骨周りが鍛えられることにより、背筋ピンと張るようになり、姿勢が良くなります。
姿勢が良くなるとバストが強調されるようになり、大きくなったように見えます。

またデコルテラインがスッキリした印象を与え、綺麗に見えることでしょう。

まとめ

二の腕を細くする方法から入り、刀を振ることでのダイエット効果について書いてみた。

夏は露出が多くなるため、二の腕の太さやたるみが気になる季節です。
皆さん二の腕を細くするやり方を探していると思います。

当スクールの生徒さんから「ヨガではカラダ全体が痩せたけど二の腕を鍛えられなかった。刀を振ると腕に筋肉がついて良いですね。」と言われました。
二の腕を美しく見せるには脂肪を落として痩せるだけでなく、筋肉を付けることが必要なのです。そうしなくては、細くなっても引き締まって見えないからです。

女性は「筋肉をつけたら太く見えるから嫌だ」という方がいらっしゃいますが、実際は女性は筋肉が少ないため、むしろ引き締まって見えるようになります。その上で太くならないために脂肪を落とすことが大事である。

殺陣で美しいカラダを手に入れましょう。

五代新一

殺陣教室『サムライブ』