女性がダイエットで成功する為に

女性ならば誰しも素敵な体型や若さを維持したいもの。
その鍵を握っているのが「ダイエット」。
「ダイエット」により美しいボディを手に入れ、見た目として若々しい自分を保とう。

世の中に「ダイエット」という言葉が蔓延し、何を信じていいかわからなくなってきている。
そこで「ダイエットしたい」という女性のため、たくさんの資料、情報を集めて調べて、信憑性のある情報を厳選し総合したわかりやすい「ダイエット情報」を提供したいと思う。

目次

1. 女性がダイエットで成功する為に

1-1.理想のボディをイメージしよう
1-2.理想のカラダになるには
1-3.計画を立てよう
1-4.モチベーションの維持
1-5.  継続は力なり

2.ダイエットのための食生活改善

2-1.食事メニューの見直し
2-2.  食事スタイルを作る
2-3.時にはご褒美を
2-4.ダイエット食事にオススメ

3.ダイエットのための運動

3-1.理想のボディを描こう
3-2.スタートとゴール
3-3.体幹トレーニング
3-4.インナーマッスル
3-5. 有酸素運動

1. 女性がダイエットで成功する為に

1-1.理想のボディをイメージしよう

まずは、自分がなりたいボディをイメージすることが大事。
人間には「強く明確にイメージすれば、そのイメージは必ず叶う」という能力が備わっている。
オカルト的な話ではない。どの企業のトップや成功を収めている人は口を揃えて言う。

その理由とは一体?

明確にイメージできるということはゴールが見えるということである。
つまり、そこまでの道筋も見えているので、ゴールにたどり着く方法がわかるのである。

まずは、ダイエットのマップを作ろう。

1-2.理想のカラダになるには

さあ地図を作ったところで、どのルートを選ぶか決めよう。
ゴールでスリムなボディを皆さんは選んだはず。

ルートとは大きく分けて、「食事でダイエット」「運動でダイエット」の二種類があるが、この二種類もさらに分割すると数十種類、いや数百種類あるだろう。

例えば、食事で言えば、「糖質制限ダイエット」「置き換えダイエット」など、運動で言えば「ヨガ」「ピラティス」「ジョギング」など、様々な方法が存在する。

このどれを選択するかが大事なのだが、モチベーションが維持できるものがオススメである。

1-3.計画を立てよう

計画は非常に大事だ。
どんな体型になりたいか、何キロ痩せたいかなどの目標に対しての期限を決めることが大事だ。
目標があったほうが人間は頑張れるものだ。

基本的には短期で計画を立てしまうと無理があり、リバウンドしやすいものとなっていしまう。なので、ダイエットは長期で計画を立てられると良い。

1-4.モチベーションの維持

この「モチベーション」がダイエットの鍵を握っていると言っても過言ではない。
どんなことでも継続させることが非常に大変である。

習い事でダイエットを考えている方ならば、その習い事の先生選びが大事になってくるかもしれない。良い先生は、生徒の「モチベーションの維持」をしっかりとサポートしてくれる。
キツイだけでなく、楽しくできること、目に見える形で示してくれること、何か得られるもの、効果を実感できるものが良いだろう。

自分でモチベーションの維持をするためには「理想の自分になったとき」を想像してみると良い。また「理想のボディになれなかった時の残念なこと」を想像しても良い。絶対に失敗したくないという気持ちを持つことも大事である。

1-5.  継続は力なり

ダイエットには計画を立てて期限内に実現することが大事と言ったが、理想はダイエット終了後もその体型を維持できることである。
恐らく一度その体型になることができればそのボディを失うことが怖くなるはず。

もし、理想の体型になれたのなら、新しく維持しやすい簡単なダイエットを導入することも大事だ。

2.ダイエットのための食生活改善

ダイエットで鍵を握るのは「食事」「運動」の二つである。
「食事」は非常に大事である。ダイエットには「食生活の改善」は必要不可欠である。
さて、それでは先に「食事」を見ていこう。

2-1.食事メニューの見直し

ダイエットに食事の見直しは必須である。
むしろ食事の見直しさえすればダイエット出来るものだ。

「置き換えダイエット」「糖質制限」などたくさんあるが、私のオススメダイエットは「一日一食」「オーガニックフード」などのプラスマイナスの差し引きが出来るダイエットである。

これは制限をするのと同時に、自分にご褒美を与えることが出来るため継続しやすい。

完全なる制限を加えるのは継続するのが困難である。短期間ならば上手くいくが、長期で考えると「アメとムチ」のように頑張りどころと抜きどころを作るほうが良い。

またカロリー計算ではなく、何を食べるかが非常に重要だ。
ナッツなどはいくら食べても太らないが、同じカロリーでもラーメンなんかを食べれば確実に太る。カロリー計算ではなく、不飽和脂肪酸などカラダに良い栄養がはいっているものを選ぼう。

2-2.  食事スタイルを作る

食事スタイルを選んだら、それを継続できるようにしていく。
そのスタイルを維持するのが大変だが、ここで大事なのは「慣れる」ということである。

継続は最初のうちが一番大変で、ある程度継続させるとそれが普通となり、むしろ継続しないと気持ち悪くなる。
そんな状態までもっていければシメたものだ。
むしろダイエットで大事なのはこの「慣れ」である。

2-3.時にはご褒美を

先ほども書いたが、きついことばかりしていては継続が難しいものである。
そこである程度差し引きして結果としてマイナスとなっていればいいので、どこかでご褒美を自分に与えたい。
それは食事に関してでもいいし、自分の趣味に関してでも良い。
食事で「一日一食」を選んだ場合であれば、その晩御飯で食べるものはなんでも良いとしたら良いだろう。(ただしお酒はNG)
2-4.ダイエット食事にオススメ

無塩ナッツやミューズリーなんかは食物繊維たっぷりで、腹持ちも良く、栄養がたっぷりでオススメである。
ただし、選ぶ場合は「無塩」「有機」などを選ぶのが良いだろう。

慣れればナッツもとても美味しく感じるし、素材そのものの味が感じられるようになるし、味覚が洗練されていく。

3.ダイエットのための運動

痩せるために絶対に大事なものは「運動」である。
運動は痩せるためだけでなく、若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンを生成するのにも必要なため運動はしたいものである。

3-1.理想のボディを描こう

まずはなりたい体型を想像しよう。
そして今の体型をしっかりと見て、何をしなくてはいけないかを考えよう。

その理想とするボディと今の自分を比較することから全ては始まる。

次に「知ること」が大事になってくる。

3-2.スタートとゴール

例えばお腹を凹ませたいならば腹筋が必要で、その皮下脂肪を燃やさなくてはいけないので、有酸素運動が必要となってくる。またお腹の横を凹ませたいのか、下っ腹を凹ませたいのかで筋トレ方法は変わる。

また腕を細くしたいなら、腕周りの筋肉を付ける必要があり、腕のどの部位を細くしたいかで同じく筋トレ方法も変わってくる。

太ももを細くしたいなら、太ももの筋肉をつけなくてはいけないのか、骨盤を矯正しなくてはいけないのか、ストレッチやマッサージで老廃物を流さなくてはいけないのかなど原因を知ることも大事である。

なぜ太いのか、痩せないのかを徹底的に調べ原因を知ろう。
そしてその原因を排除する対策を実行しよう。

3-3.体幹トレーニング

痩せやすいカラダ作りにオススメなのが「体幹トレーニング」である。

体幹トレーニングはパフォーマンスを向上させるのに必要で、今どのスポーツでも見直されてきている。
また体幹を鍛えるとスポーツ選手でなくともお得なことがある。
「痩せやすい体質になる」「疲れにくいカラダ」になるである。

筋肉のコルセットと呼ばれる体幹を鍛えると、姿勢が良くなり、姿勢維持に使っていた無駄なエネルギーを使わなくなり、疲れにくくなる。
また筋肉量が増えるためエネルギー消費が増え痩せやすくなる。

3-4.インナーマッスル

女性は筋トレでも是非この「インナーマッスル」を鍛えて欲しい。
「アウターマッスル」を鍛えると筋肉量が増えるのだが、見た目として太くなってしまう。

「インナーマッスル」は女性にオススメの筋肉だ。
見た目に出てこないので、細いまま筋肉量を増やすことが出来るのだ。

細かい動きを必要とする運動や有酸素運動でつきやすい。

3-5. 有酸素運動

身体を細くするには有酸素運動が必須である。

ボクサーはマッチョに見えるかもしれないが、ボクサーは別に激しい筋トレをしているわけではない。むしろ筋トレはあまりしておらず、有酸素運動や運動量が単に多くて脂肪がないから細マッチョになっているのだ。

脂肪を燃やすには「酸素」が必要である。しかしデスクワークばかりしている女性は呼吸が浅くなり、酸素をあまり吸わなくなる傾向にある。
無酸素運動でも脂肪が燃えないことはないが酸素をあまり取り入れないためオススメしない。
やはり酸素を取り入れる有酸素運動をするべきである。

まとめ

今回はダイエット全体に関して広く書いた。その分細部まで書く事ができなかったが、他の記事で書こうと思う。
どんなダイエット方法も継続してこそ効果を発揮する。
皆効果が発揮される前にやめてしまうから効果がないなどいうのだ。
しかし人によって向き不向きがあるので、自分なりのダイエット方法を見つけられると良い。

何度も書いているがダイエットに必要なものは「モチベーションの維持」であると思う。

殺陣教室「サムライブ」でも刀エクササイズを行っていて、何がオススメかというと生徒のモチベーションを先生が保たせてくれることだ。
毎回楽しい授業メニューを考えてくれる。また刀を振るのがストレス解消にもなる。
楽しく痩せられるなんて一石二鳥である。

また授業外ではダイエット情報を細かく教えてくれて、指導してくれるのでそれもオススメだ。

一度体験したらハマること間違いなしの「刀エクササイズ」
体験は一回1500円とお得なので一度行ってみてほしい。