殺陣とは

殺陣(たて)とは

殺陣とは(またの名をさつじんとも言う)歌舞伎の闘争演技の定型。
形の美しさを重んじるため,舞踊化・リズム化された幾種かの基本型を組合せて,「立ち廻り」という闘争場面を構成する、その組合せを考え俳優に教えるのが殺陣師 (たてし) である。

舞台や映画で刀などの得物(武器)を使って行う立ち廻りのことです。

殺陣は剣道や剣術、武術、武道と違い、基本的には「演技」である。

演技として刀や他の得物を扱うため、武術や武道のような身のこなし、所作、立ち振る舞いを要求される。

時には役として武士、侍、浪人、女剣士、やくざ、妖怪ものなど様々な役を使い分けないといけない。
役によって、所作、立ち姿、歩き方、間など異なるため、刀や得物を扱えることが「殺陣を出来る」とは言わない。

基本的な動作を覚え、そこから役によって応用できるようになることが必要である。

殺陣は芝居であるため、道具も刀に模した竹光、ジュラルミン刀、アルミ刀などを使用する。

あくまでも演技であるため演者同士が「怪我をしない、させない」配慮が不可欠

殺陣とアクションの言葉が曖昧に使われているが、殺陣という言葉は日本が作った言葉であるため正式には別物である。
最近では、「殺陣は日本の文化である」としようとする動きも次第に強まってきている。

一般的に用いられる道具は下記のようなものとなります。

武器に関して…

基本的には木刀を用いて稽古致します。
(当スクールでは無料レンタルが可能です)
厳しくリアリティを追求する場合「は、本物に似た重さ」で作られている武器を用いることもあるが、、
現在は安全や経費の削減のために代用品が用いられることが多いです。

日本刀銀紙を貼った竹光やジュラルミン製の模擬刀が使われることが多くどちらも、安全性に優れる一方で、「軽い振り」になりがちであるというデメリットもあります。
当スクールでは、得物各種取り揃えておりますので、本来の刀の重さを身体で感じることや、軽い刀をどうしたら重い刀のように振れるかも稽古することができます。、

棒外見は金属に似た色の布や合皮を用い、ゴムなど、弾力性に優れた素材を内部に詰め込んでおり警察で訓練に用いる「ソフト警棒」もこの一種です。

足元に関して…

基本的には裸足で稽古を行います。

足袋・草履立ち回りの機敏な動作を要求される演技の際、布底の足袋では滑りやすく、また、セットの床面等で足裏を負傷するのを防ぐために祭足袋が使用されます。
これは、比較的簡易なゴム底を装備した地下足袋の一種だが、作業用の地下足袋に比べて爪先や踵部に補強布が一切なく、ゴム底部以外は普通の足袋と同様に見えるため、足袋はだしの状態で使われることが多いです。
一方、祭足袋ではないが、素足の女優が裸足の状態で屋外撮影を行う場合、足裏の負傷を防止するためとして、あたかも素足であるかのように見せる際に肌色に染色された足袋を装着する事があります。

着付けに関して…

所作や立ち振る舞いを稽古されたい方は着付けをして稽古を行います。
動きやすい格好(ジャージ)と帯を巻いた簡単な格好で稽古をすることもございます。(帯も無料で貸し出しを行っております)

『殺陣』は本当の戦いではなく、あくまで一流の芝居であり、表現です。

格闘経験の無い方、腕力の無い方でも刀の扱い方、身体の使い方、立ち廻りの約束事を守れれば誰でも出来ます。