サムライブの講師陣をご紹介します。

五代新一 サムライブ代表

2013年 『日本大学芸術学部 映画学科 演技コース』 卒業し、俳優を中心とし活動。また、ちゃんばらパフォーマンス 『THE TEAM 花鳥風月』のリーダーを務めている。映画、舞台、イベントに出演、また殺陣指導&振付なども行う。

チンネン・ギルバートJr

日本大学芸術学部卒業。大学在学中に殺陣を学ぶ。
在学中に「笑っていいとも」等のTV番組への出演を始めとし、舞台、イベント等で殺陣パフォーマンスを中心とした活動を行う。
卒業後、TV業界へ就職をする。その後、退職をし、再び殺陣を主軸とした活動を再開する。現在はコミュニケーションを重視した殺陣を行う。
近年では舞台を中心に活動しており、宗形拓樹演出「ミンストレルパーティー」、水木英昭プロデュース「蘇州夜曲」に出演。

中川浩行

『ROCK MUSICAL BLEACH』や、嵐の大野さん主演の『バクマツバンプー~幕末蛮風~』『テンセイクンプー~転世薫風~』、屋良朝幸さんらMAことミュージカルアカデミーが主演した『忍者イリュージョンNARUTO』など、数々の舞台やテレビ作品で活躍

森蔵玄士

日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。サムライブ主宰である五代新一と同期で、共に殺陣のパフォーマンスをしてきた。サムライブのプロデューサー・ディレクターを務める傍ら、映像・TV制作も行う。
携わってきた番組:日本テレビ「全日本仮装大賞」「火曜サプライズ」、その他特番など。

荻生捷

大学在学中より殺陣を学び、舞台やイベントを中心に活動中。
ポーズ集「刀男子」ではイケメン殺陣師としてモデルを務めたり、また映像ディレクターとしての一面も持ち、『表現者』として活躍の場は多岐にわたる。
得物はオールジャンル(一刀、二刀、薙刀、槍etc…)扱え、様々な種類の振付が可能である。

大和

2010年、Zepp Tokyoで約2000人を動員したイベントにゲスト出演。
エンターテイメント集団『gem:box(ジェムボックス)』として、
舞と武のパフォーマンスによる、30分のサイレントストーリーの公演を行う。

2011年、和で表現するパフォーマンス集団『sin(シン)』を結成。
『gem:box』を『gem:box Entertainment』へと名称を変更し、
『sin』やイベントのプロデュース、及び、マネージメントを中心とする事業に転換。

2012年、本格的にパフォーマンス集団『sin』として活動を開始。
ヨコハマ大道芸2012に出演をしたのを機に、ヨコハマ大道芸のパフォーマンスライセンスを取得。
横浜市の山下公園や、みなとみらいを中心にストリートでの活動も開始する。

2013年からチャンバラ(殺陣)を中心としたパフォーマンスにカタチを変え、
『SWORD PERFORMANCE TEAM sin』として、大和と諒磨の2名を中心に活動。
アメリカ、サンタモニカにて2週間ストリートパフォーマンスを行う。

2014年9月、名称を『SWORD PERFORMANCE TEAM syn』に改め、
現在、ストリートでの活動は日本のみならず、海外にも活動の場所を広げ、
各種イベントやパーティー等でも、定期的にパフォーマンスを行っている。

まずはこちらにご連絡下さい!

お問い合わせ